神奈川のマンション改修を行ってみた感想

給配水管にも寿命がある

既存のキッチンを撤去して判明しましたが、いんぺい部分の配管の内部に汚れがありました。
これは排水だけでなく給水管でも見つかり、排水管は清掃器具が届く範囲内で内部の汚れを落とすことができました。
給水管はさや管ヘッダー方式であったので、パイプシャフト内の分岐ヘッダーの二次側のキッチン用配管をすべて交換しました。
給湯管も念のため取り替えました。
改修を行って感じましたが、マンションなどの集合住宅ではさまざまな制約から自ずと改修範囲に制約が付きまといます。
その範囲内でかつ予算との兼ね合いで決定するのですが、今回のレベルのマンション改修でほぼ希望通りのことが行えたことはうれしい限りです。
しかし、建設当時の配管を利用し続けていくことが難しいことも分かります。
今回の工事では、取り替えた配管が入居者のものであることはないものの、使用に伴う汚損であるので入居者が交換費用を負担しました。
契約条件によっては、不動産会社に取り替えてもらえる事例もあるようです。

リフォームを決める時期 | 省エネ使用の最新設備に一新 | 給配水管にも寿命がある